第25回 おおきな笑顔 [English below]

[English below]

阿部龍太さんからバトンを受け取りました、愛媛大学の今泉志奈子です。

龍太くんのエッセイの最後に添えられていたお写真、鏡のなかの龍太くんのやわらかい笑顔がとてもステキだったので、今日は笑顔のお話を。



大学も前学期の終わりが近づき、夏休みを迎える季節です。今学期も大半の授業がオンライン実施となりました。もちろん対面の授業に勝るものはありませんが、ビデオ会議ソフトをつかったオンライン授業にもステキな面があります。それは、マスクなしにお顔全体を学生さんに見ていただけること。もっと言うと、口元を見ていただけることです。


私は大学で英語学・言語学の研究室をもっているのですが、今学期は、私たちの身体と発音のしくみについてお話しました。「音」の授業では、口元に注目していただくことがとても大事。束の間マスクから解放されて、みんなそれぞれに口を開けて、音を出しながら、「声を出すって、やっぱり楽しいな」と、基本の「き」に立ち返ることができた時間でもありました。オンライン授業に感謝です。


さて、私たち日本人はマスク着用に比較的抵抗を覚えない人が多いと言われています。パンデミック前から、花粉症の季節やインフルエンザの予防など日頃からマスク着用が日常化していたこともあるでしょうし、恥ずかしがり屋さんはマスクを着用することでちょっと安心するといった面もあったかもしれません。一方、世界を見渡すと、欧米圏の方々をはじめとして、マスク着用に対して落ち着かない気持ちや不快感を示す方が圧倒的に多いですよね。この違いは、どこからくるのでしょうか?これは、「笑顔の在処(ありか)」が言語圏によって少しずつ違うことに理由がありそうです。


日本語には、「目を細める」「笑うと目がなくなる」「あの人は目が笑っていない」という表現があります。激しく怒られるときには「大目玉を食らう」...日本人は、目から表情を感じ取り、目を見て相手が笑顔かどうかを判断する傾向があるようです。一方、英語には、"She has a big/huge smile"という定番表現があります。ここでbig(大きい)だったり、huge(特大)だったりするのは、実は口のこと。そう、英語圏では、口元を見て相手の笑顔を感じ取るのです。


実際、日本語圏で使われる顔文字(絵文字)を見ると、目元で表情が描き分けられている(口元は同じ)ことがわかります:

日本語圏の絵文字

Picture 1: "Kaomoji" Japanese Emoticons


一方、英語圏の顔文字では、目元は一定ですが、口元で笑顔か不機嫌なのかが区別されています:

英語圏でよく使われている絵文字

Picture 2: Smiley Face and Other Emoticons in English speaking world


英語圏の方々にとって、マスクで口元を覆うことは、相手の表情を感じ取ることをひどく難しくしてしまうことであり、だからあれほど「マスクはイヤだ!」という反応が強かったのです。一方、日本人は、目で判断する傾向が強いため、口元を覆うことにさほど抵抗がないのでしょう。


1998年。イギリス留学時代。学生寮でふとすれ違った子と目が合ったのでにこっと挨拶すると、「あなたシナコでしょ?友だちになりたいって思ってたの!よろしくね!」と声を掛けてもらったことがありました。驚いて「どうして私がシナコだってわかったの?」と訊ねると、「4階に日本人の子が住んでいて、こーーーんなおおきな笑顔の子だって聞いてたからよ!」その時に、英語で「おおきな笑顔 (a Big Smile)」というのは、お顔の下半分を口のようにしてにこっと笑うことだと教えてもらったのでした。


留学時代に何度もくりかえし「おおきな笑顔の子」と言ってもらったことは今も幸せな記憶として残っています。また、留学時代は笑顔がもつ力がいかに大きいかを実感した時間でもありました。人の心を和らげ、もう一歩距離を縮めてくれる魔法のような笑顔の力。


マスクを外せない生活は今しばらく続くと思いますが、その間、私は、マスクの下でも大きく笑うことにしています。覆われていても、マスクの下に「おおきな笑顔」をそっと隠しておいたら、目からもマスクの下からも気持ちが伝わって、笑顔の魔法が2倍になったらいいな。そんなふうに思っています。


みなさんに笑顔でいっぱいのステキな明日がやってきますようにお祈りしています。

おおきな笑顔とともに。

ゼミの卒業生が描いてくれた私の似顔絵です。目も口も笑っています。 (イラスト:森悠歩さん)

Picture 3: My portrait drawn by my ex-student Yuho Mori: I smile both with my eyes and mouth!


つぎは、笑顔の瞬間を最高のかたちで切り取ってくださる写真家、ハコさんこと小久保葉子さん、お願い致します!


Message of the Week

Hi! I'm Shinako Imaizumi, professor of Linguistics at Ehime University. Very much inspired by Ryuta's beautiful smile (of our Members' Blog #24), I'd love to talk about "smile" today.

 As you may know very well, most Japanese people do not feel very much irritated when we are required to wear face masks; it's partly due to we are used to it. On the other hand, people in English-speaking world and many others around the world seem to feel it VERY uncomfortable to cover their mouths with face masks. Where does this difference come from?

 I think we can safely assume that the way we recognize smiley faces is different from each other: while Japanese people tend to focus on the shape of eyes, people in English-speaking world pay attention to that of mouths. Our idiomatic phrases well reflect this fact: in Japanese we often say "squinting one's eyes", which means "looking at something fondly with smile". We also say "My eyes disappear into squints when I smile", or "His/her smile is not genuine, because he/she does not smile his/her eyes" . On the other hand, in English, they have a phrase like "have a big/huge smile", where the adjective "big" describes one's month. You can also see this difference in our emoticons (see Picture 1 and 2 above). Thus, covering one's mouths with face masks makes it very difficult for the people in English-speaking world to recognize people's facial expressions, especially, their smiles, and that's why they find it so uncomfortable to keep on wearing masks.

 Lastly let me talk about what I experienced when I was studying in the UK as a graduate student: one day, I happened to smile at one female student when we passed each other at the entrance of our hall of residence. Suddenly she said "Hey, you are Shinako, am I right? I've been wishing to become friends with you!" Very much surprised, I asked "Why did you know that I'm Shinako?" "Oh, my friend told me about You! She said she had become friends with the Japanese girl with a big smile on the 4th floor!" What a pleasant surprise! And it was the moment when I first learned that the adjective "big" in the phrase "big smile" descries the shape of mouth.

 All through my days in the UK, many people kindly told me that I had a lovely big smile, which stays in my mind as one of my happiest memories. I myself was encouraged and even saved by numerous smiley faces while I was in England, and I realized the magical power of smiley faces.

 Though the number of vaccinated people increases little by little, it seems like we need to keep our face masks on for the time being. So I am trying to smile both with my eyes and with my mouth even when I cover my face with mask. I wish my "big smile" hidden under the mask might "double" the power of a smiley face!

 Wishing tomorrow will bring you a bunch of big smiles! with my huge love and smile, always,

-- Shinako Imaizumi (12, June 2021)

2 views0 comments

Recent Posts

See All