• kanaedance33

第17回 つま先の秘密 [English below]

[English below] こんにちは。本日は私、バレエダンサーの久寿奏恵が担当致します。

先日のリチャードさんの美しいお花の写真に癒されました。

四国は、観測史上最速での梅雨入り。

春からあっという間に夏が来たような気持ちです。


今日は、リチャードさんの記事からインスパイアされ、私の相棒をご紹介させていただきたいと思います。


突然ですが…みなさまはバレエで使われているシューズをご存じでしょうか?


実はバレエのシューズには2種類あります。

(正確に言えば、全幕バレエの中で踊られることの多いキャラクターダンスのシューズや、演目によってはジャズシューズを履くこともあります!)

実際に私も、踊る場所やシチュエーション、その時々表現することに合わせてシューズを変え踊っています。


今日は「明(あ)ける」オンライン上映の際にも履いていた、バレエの代表的な2種類のシューズをご紹介したいと思います。


Picture 1: Ballet Shoes


まずは、バレエシューズ。


その中にもいろいろな種類があり、レザータイプや布タイプがありますが、バレエのレッスンで欠かせないのがこのシューズです。

この写真のように背伸びのような姿勢になることが多く、シューズがぴったりした素材のため、普段履く靴より1cmくらい大きなサイズを選んで履きます。



2つめはトウシューズです。ポワントとも呼ばれています。


Picture 2: Ballet Shoes (left), Pointe Shoes (right), and Foam Roller (another important partner!)

左がバレエシューズ、右がトウシューズです。(さらにその右にあるのは、私の相棒の一人、フォームローラーです。)

トウシューズも、世界中にたくさんのメーカーがあり、機械製品から職人の手作りまで様々で、自分の足に合ったシューズを探します。

バレエと聞いて、トウシューズをイメージされる方は多いのではないでしょうか?

バレエのつま先立ちの秘密はここにあります!


Picture 3: Newly Arrived Pointe Shoes

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、先に厚みがありつま先立ちできるように固く作られています。

このからくりのおかげで、トウシューズの中で、足指を曲げず床に垂直な状態を保つことができるようになっています!

(実は、バレエダンサーはトウシューズなしではつま先立ちできません!)

日常生活で行うことのない動作・姿勢なので、足裏など様々な箇所の筋肉を強化してから履くシューズです。

トウシューズに立つ、降りる動作を使いながら踊ることによって、重力を感じさせない軽さや、ダイナミックさ、感情の起伏をつま先でも伝えることができるようになります。

実は同じに見えるトウシューズには、それぞれのダンサーの個性やこだわりがつまっています。↑のトウシューズの写真は、届いたときのままの写真です。


Picture 4: The secrets hidden in our pointes


その後、ゴムとリボンを縫い付け、トウシューズの先を刺繍糸やたこ糸でかがったりすることによって、踊りやすいようにカスタムをします。

トウシューズは、一足一足状態が違うので、うまく調整できたときの喜びはひとしお、シューズと足が一体になるような感覚になります!

長くなってしまいましたが、バレエ(アマテラス)の舞台裏をちょっぴりご紹介させていただきました!


最後までお読みくださりありがとうございました。

リレーエッセイ次回は5月24日、衣装デザイナーの鳥山美春さんです。どうぞよろしくお願い致します!


令和3年5月17日 久寿奏恵


Message of the Week Hi! I'm Kanae Kusu, a ballet dancer. Very much inspired by Richard-san's essay on his costumes, I'd love to write a bit about my partner, my shoes! Do you know that there are two types of ballet shoes? Actually, I wear different types of shoes depending upon the types of stage, the situations in which I perform, or what I would like to express through my performance. Here, let me talk about two typical ballet shoes, both of which I was wearing when I performed the role of Amaterasu in "Dawning." live streamed last December.


"Ballet shoes"

As in Picture 1, we often stand tall on our toes with our ballet shoes on. Ballet shoes, usually made from soft leather, canvas or satin, are tight-fitting, so our ballet shoes are about 1 cm larger than our shoes of daily use.


"Toe shoes" (also called “Pointe shoes”, pointes in French)

When it comes to ballet, what comes to your mind first may be these kinds of "toe shoes", and here's the secret of dancing en pointe! Dancing on the tips of our toes is so unusual an attitude or a motion that muscles of sole of foot and many other body parts must be very well trained and strengthened enough before you start wearing pointe shoes. Through the manner of transition to and from en pointe, dancers can express sylph-like lightness, so graceful and airy, also add dynamic quality to movement, and even subtle emotional changes can be conveyed by the tips of our toes.


All toe shoes might look almost the same, but every dancer has unique feet, so the way of customizing pointe shoes differs from dancer to dancer. Yes, our pointe shoes are very carefully personalized. Picture 3 shows a pair of newly arrived pointe shoes. We sew fabric ribbons and elastic bands onto our shoes and also darn the tips of them with embroidery threads and cotton threads to make dancing on pointe more comfortable and less damaging for our feet. Each pair of new pointe shoes is in different conditions, so we try to fix it and mold it to our feet as much as possible. It's indeed a long and difficult process, so you can imagine how happy we are when our pointe shoes are perfectly adjusted! We feel as if they are parts of our feet. Here are the secrets hidden in our pointes!

-- Kanae Kusu (17, May 2021)

2 views0 comments