第11回「お隣に座ってもいい?」[English below]

追記/Postscript:19, April 2021

末尾に写真を1枚くわえました。お楽しみいただけましたら幸いです。/I have just added one more photo at the very end of my essay. Wish you will love it!


[English below]

はっと息をのむような煌めく感性で「あ(明)ける。」プロジェクトを動かしてきたスーパーバイザー、阿部龍太さんからバトンを受け取りました。ウェブサイト英訳・映像英語字幕担当、愛媛大学の今泉志奈子です。


翻訳家としての私とご一緒してくださった方に、普段は愛媛大学で教えていることをお伝えすると、びっくりされることがあります。いったいどんな授業をしているのかな?と興味をもってくださる方もあります。そこで、今日は、新学期の一番最初、「はじめまして」の英語の授業でよくとりあげる、とっておきのフレーズをひとつ。それは、


"Can I sit next to you?"(「お隣に座ってもいい?」)


遡ること22年。イギリスに留学したばかりの頃。ちょうど今と同じように新学期がはじまったところで、私は世界各国からイギリスにやってきたばかりの留学生のためのオリエンテーション合宿に参加することにしました。留学生活のあれこれについて知りたかったのはもちろんですが、何よりお友達が欲しかったのです。


初日のランチの時間。トレイにサンドイッチとリンゴをのせたまま途方にくれて、ポツンとひとり大きなテーブルの端っこに座りました。しょんぼりしたままサンドイッチの袋を開けようとした瞬間、"Hey, can I sit next to you?"(「ね、お隣に座ってもいい?」)という声が聞こえました。はっとして声がするほうに目を向けると、女の子がにっこり笑って立っていました。私に話しかけてくれているの?とても、とても嬉しくて、一生懸命に言いました「もちろん!ここに座って!」


それが、香港出身のアグネスでした。出会ってから20年以上経った今も、私たちの心のなかにはいつもお互いがいます。ある晴れた日、道後を散歩していてふと見上げた青空がとても美しく、思わずアグネスに写真を送りました。折り返すように彼女が香港で見上げている青空の写真が送られてきて、こんなメッセージが添えられていました「別々のところにいても、私たちは今、同じ青空を分け合ってる!」


「お隣に座ってもいい?」その一言が一生の出会いを連れてきてくれるかもしれない。学生さん一人ひとりがこれから出会っていく、切り拓いていく未来を想い、私にとって宝物となったこのフレーズを伝えています。お隣とは2メートルの間隔を空けなくてはならない今も、その想いは少しも変わりません。


「出会いは必然」―リチャードさんのことばです。一成さんにお声掛けいただき、参加させていただいた「あ(明)ける。」を通して、あらためて「出会いは必然」であることを実感しつつ、今日も私は日本語と英語の間を忙しく行き来しながら、授業の準備をしています。


次は、「あ(明)ける。」ウェブサイトのデザインを担当されているハコさんこと、写真家の小久保葉子さんにバトンをお渡しします!

Waiting for a friend to come up...(お友達が欲しいな)

I've got friends! (お友達ができました!)

Message of the Week

Hi! I'm Shinako Imaizumi, a translator. I was in charge of English subtitles of "DAWNING." movie and its trailer and I have also been given a precious opportunity to translate the official website of "DAWNING." into English. Sometimes, those who know me as a translator look a bit surprised when I say I am working as a professor at Ehime University. I am greatly enjoying both of these jobs. Now that our Spring Semester has just started, I am very busy preparing for my classes. In the very first class of new semester, I often pick up one of my favorite English phrases, that is, "Can I sit next to you?" I know it is a very simple sentence, but it brought me the encounter with my life-time friend. More than 20 years ago, soon after I started studying at the graduate school of the University of Manchester, UK, I participated in orientation programme for exchange students. At lunch time on the very first day, I was just at a loss sitting at the end of the large table all by myself. Feeling so nervous and lonely, I was looking at sandwiches and an apple in front of me. All of a sudden, I heard a voice saying "Hey, can I sit next to you?" To me!? There was a girl with a big smile looking at me. What a blessing! I answered "Of course! Please sit here!" It was Agnes from Hong Kong, who has been/is/will be my lifetime friend, and this is why I want my students to learn this phrase at the very beginning of the semester wishing that they won't miss their once-in-a-lifetime encounter. Having met Agnes, I strongly felt that we were brought together for a reason. Having joined "DAWNING." project and met the members, I am now feeling exactly the same; we have been brought together not by chance, but for a reason.

---Shinako Imaizumi (12, April 2021)

0 views0 comments

Recent Posts

See All